【プリンター】安く印刷するならタンク式プリンターがオススメ!

スポンサーリンク

[記事公開日]:2020/11/30[最終更新日]:2020/12/13

自宅にあると便利なプリンターですが、どうしてもコストが掛かるのがネックですよね?

カートリッジ式だと、容量が少なくて直ぐ無くなるので、高くつきます。

今回は、大量印刷も怖くない!

タンク式のプリンターをオススメします。

プリンター市場で存在感を増しているのは大量インク機です。

大量インク機は、従来のカートリッジ式と比べて物凄く印刷コストが安く、インク切れの心配も少ない、従来機の不満点を解消したモデルになります。

特に海外での販売が好調のようで、メーカー各社が新製品を投入するなど力を入れています。

人気の大量インク機はセイコーエプソンの「エコタンク搭載モデル」シリーズです。

インクをカートリッジ式からインクタンク式に変更する事で、インクを本体内蔵タンクヘボトルから直接注入する仕組みになっています。

この見直しにより印刷コストはA4カラー書類でl枚2.7円と、カートリッジ式(8.6円)の3分の1程度にまで削減。
現在のカートリッジ式もコスト削減されているので、お使いの古い機種だと10分の1以上の削減になります。

1回のインク交換でカラー文書を600ページ印刷が可能という長寿命です。

これまでコストやインクのこと考えて、モノクロ印刷でがまんしていたケースでも、
カラー印刷できるようになります。

選ぶならエプソンのエコタンク式プリンターがオススメ!

EP-M552TEW-M752T/TB
インク4色5色
印刷コスト カラー約1.2円約2.7円
印刷コスト モノクロ約2.7円約1.2円
印刷スピード カラー約6ipm約9ipm
印刷スピード モノクロ約6ipm約12ipm
給紙方法 A4:最大100枚1段(A4:最大100枚)
手差し1枚
印刷サイズL判~A4対応L判~A4対応
印刷コストL判写真約8.4円約8.6円
印刷スピードL判写真約33秒約25秒
スマホ対応
無線LAN
スマホ対応
無線LAN
両面印刷(自動)標準対応
液晶モニター 1.44型液晶4.3型
ワイドタッチパネル
廃液タンク交換交換式
メンテナンスボックス
対応
交換式
メンテナンスボックス
対応
フチなし吸収材エラー対応対応

大量インクは年賀状印刷にオススメ

大量インク プリンターの大きなポイントは、大量に印刷できることです。

大量印刷できるプリンターなら、年賀状の印刷もインクを気にせずに印刷することができます。

Epsonでは、年賀状印刷のアプリを提供しています。

Epsonの年賀状アプリを使って、簡単に年賀状印刷が可能です。

子供の勉強にも大量印刷が便利

大量印刷が可能なプリンターを利用して、テスト勉強のプリント印刷に最適です。

家では、漢字テストの勉強などに凄く役立っています。

子供のお遊びにも大量印刷が便利

子供の遊び事の印刷も気軽にできます。

まとめ

プリンターを買い替えたいと思っている方は、大量インク プリンターがオススメです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人

モノ作りやアナログ、デジタルに凄く興味があります。 地元の伝統文化の保存にも力を入れています。