【修理】DJI OSMO POCKETの不具合を解決してみた!

スポンサーリンク

[記事公開日]:2020/12/20[最終更新日]:2020/12/25

今回は、DJI OSMO POCKETの「モーター保護。タップして再開してください。」というエラーを解決してみたいと思います。

意外と困っている方も多いのではないでしょうか?

そんな方は、是非、試してみてください。

症状は、電源を入れると途中でジンバルの動きが止まって、動かなくなるという現象です。

こうなると、この先何をしても動きません。

「モーター保護。タップして再開してください。」の原因

これの原因は、簡単でジンバルが本体と接触してモーターに負荷が掛かり、エラーが起きています。

どうして、そうなったかは分かりませんが、恐らく何かの負荷が掛かりジンバルが曲がってしまったのだと思います。

「モーター保護。タップして再開してください。」の修理方法

物理的な問題なので、要するにこの部分を上げれば良い事になります。

ジンバルが当たる部分を回避します。

軽く、マイナスドラーバーを差し込み、マイナスドラーバーを軽く回して、ジンバルの隙間を広げます。

ここで、テコの原理で無理に上げると、ジンバルに傷がついたり、やりすぎてしまうので、マイナスドラーバーを回して軽く広げてください。

不具合の修理完了

ジンバルが接触しなければ、問題なく動くようになります。

修理動画をYoutubeでアップしました。

動画でも、確認してみてください。

まとめ

「モーター保護。タップして再開してください。」のエラーで困っている人は、是非、試してみてください。

そうそう、自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
この記事を書いた人

モノ作りやアナログ、デジタルに凄く興味があります。 地元の伝統文化の保存にも力を入れています。