【写真】おすすめ!素敵に写真を撮る方法!レッスン1

スポンサーリンク

[記事公開日]:2021/03/02

毎回、撮影するけどうまく撮影できない。

背景がボケてプロっぽい写真撮影でしたい。

ステキな写真が撮れたら、毎日の日常を気軽に残したくなります。

今まで「思うように撮れない」と思っていた写真も、
撮れるようになれたら嬉しいですよね。

そんな方のために、やさしく簡単に撮れる方法と
撮影後の調整方法や整理方法、プリントなどのコツを
シェアできたらと思います。

写真と簡単に撮りたいけど、うまく撮れない。
カメラの設定をどうにすれば、撮れるんだろうけど・・・

設定って難しいんでしょ?

カメラでの撮影に苦手意識を持っている人も、
簡単に理解できるように解説してみたいと思います。

小型軽量のミラーレス人気!!

デジタルカメラは、レンズ交換可能なデジタル一眼レフと、レンズ交換ができないけどコンパクトなボディのコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)があります。

デジタル一眼レフは、レンズを交換することで、遠くの物を大きく撮影したり、
広い範囲で撮影できたりします。
撮影場所によって交換したり、自分が撮りたい構図で撮影するのに最適です。

そのデジタル一眼レフで最も女性を中心に人気が高いのが、「ミラーレス一眼」です。

小型軽量かが進み、ボディだけでなくレンズも小さくなり、
女性でも手軽に持ち運びができ、撮影も楽になりました。

機能や描写もとても優れたラインナップが充実してきているので、
今では、ミラーレス一眼にシフトしているプロのカメラマンも多いです。

それぞれのライフスタイルに合わせてカメラ選びが可能なので、
自分にあったカメラを選びましょう。

カメラの中にミラーが無いのがミラーレス一眼

そんな女性にも人気のミラーレスですが、ミラーレスとは、カメラ内部にミラーが無いデジタルカメラを言います。

ミラーレス一眼は、レンズから入った光を直接、撮像素子に入り映像としてファインダーや背面液晶モニターなどで確認することができるというものです。

なので、通常の一眼レフのレフの意味は反射と言い、撮像素子の前にミラーがある事で、光を反射してファインダーに投影する事を意味します。
なので、直接的にレンズから入った被写体をミラーで反射したものをファインダーで見ることができるので、タイムラグがなく早い動きにも反応して撮影が可能です。

一方、ミラーレス一眼は、一旦映像として取り込み、それを液晶に投影するのでその分、どうしてもタイムラグが発生することになりますが、今は、気になるほどのタイムラグが軽減されているので、安心してミラーレス一眼を選んでも良いと思います。

カメラの他に必要な物は?

カメラを買ってから、他にも必要なものを揃えたいですよね。

実際、撮影をしていて無いと困る物が沢山あったりします。
カメラの購入と同時に買っておいた方が良いものが、画像を保存する際のメモリーカード(記録メディア)と予備のバッテリーです。

撮影している時に、急にメモリーがフルになったり、バッテリーが切れてしまうとせっかくの撮影チャンスを逃してしまいます。
同時に購入しておくと良いと思います。

メモリーカードは、カメラにあった形式を準備しましょう。
容量は、多きものより、16GBや32GB程度のメモリーカードを用意して画像を管理しやすくすると共に、故障時にデーターを失うリスクを軽減できます。

バッテリーは、純正の物がおすすめです。
互換性の物は、バッテリーの持ちや寿命が良くない場合が多いので、純正を用意しましょう。

他にも、カメラバッグやストラップ、背面液晶モニターの保護フィルム、レンズプロテクターやレンズクリーニングなどに使うブロワーやレンズクロスも用意しておいた方が良いでしょう。

ミラーレス一眼は完成を想像しながら撮影できる

ミラーレス一眼が得意とするのが、ライブビューです。

ミラーが無い代わりに、映像をファインダーやモニターに映す事ができるミラーレスですが、その映し出された映像は、実際の撮影後の想像がしやすくなります。

カメラの撮影の設定などを反映して、映像としてファインダーやモニターに映し出されます。

実際の明るさや色など、撮影することなく確認できます。

最近では、背面のモニターが稼働するので、アングルを変えての撮影も可能です。

モニターを上に向ければ、寝っ転がらずにローアングルを撮影でき、モニターを下に向ければ自分の背より高い位置からハイアングル撮影もできます。

ミラーレス買ったら次はレンズ

カメラに必要なのが、レンズです。

レンズは、撮影用途に応じて変える必要がある場合があります。

まず、レンズの種類ですが、大きく分けてレンズを変えずに、広角や望遠をズームして撮影できるズームレンズ。

逆に、ズームが出来ないレンズを単焦点レンズと言います。

一般的に、18mm-55mm程度をカバーするレンズを標準ズームレンズと言います。

広角から、人が見た目より近くに写せるズームレンズで、風景から人物、花や料理などの撮影に便利なレンズで、カメラのセットにもキットレンズとして売られる事が多いです。

便利なレンズですので、各社標準ズームレンズは揃えているので、あると凄く便利です。

他にも、幅広く撮影できる広角レンズ、遠くのものを写せる望遠レンズ、花や虫を接写できるマクロレンズ、180度近く広角に撮影できる魚眼レンズ。

撮影用途に応じて、レンズを変えるので、徐々に揃えていくとい言いと思います。

まとめ

今回は、カメラについて書かせて頂きました。

まだまだ、書きたい事が沢山あるので、随時更新していきたいと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いた人

モノ作りやアナログ、デジタルに凄く興味があります。 地元の伝統文化の保存にも力を入れています。